蛇口交換による水漏れケア

蛇口交換による水漏れケア 水道から水漏れが起きている時にはパッキンや蛇口 交換を考えなくてはなりません。パッキンが劣化した状態で無理して水道の栓をしめてしまうと、金属部分にダメージを与えてしまう可能性がでてきますのでその点は注意が必要です。蛇口の交換は正しい方法で行わなければ蛇口を逆に破損してしまう可能性があります。自分で蛇口 交換する場合には十分な知識の元に行うことが必要です。水道の蛇口以外からの水漏れが起きてしまうと家屋に大きな損害を与えてしまうことも考えられます。水道の状態を業者に定期的に確認してもらうのがおすすめです。

■最初に確認すべきこと

水道からの水漏れが起きている時には蛇口部分にトラブルが起きている可能性が一番大きなものになります。工具を使いながら蛇口のネジ部分がしっかりとしまっているかどうかの確認をすることがおすすめです。工具は必ず専用のものを使わなくてはなりません。さもないと水道のネジ以外の部分を破損してしまう可能性がでてきてしまいます。もしも自分でネジの調整をすることに心配があるのであれば、専門の業者に修理を依頼するようにすることが肝要です。
あるいはパッキン部分が劣化してしまって、水漏れが起きている場合も考えられます。パッキン部分はゴムでできていますので、しばらく使っていると擦り切れてしまってそこから水が漏れてしまうことがあります。パッキンを新しい物に交換すれば水漏れはストップしますが、必ず蛇口の口径に合うサイズのパッキンと交換することが必要です。また、パッキンの劣化を感じたらすぐに新しい物に交換しなくてはなりません。パッキンの交換修理をする場合には、必ず水道の元栓を閉めてから行うようにしなくてはなりません。

■蛇口を交換する場合
ネジの緩みやパッキンの劣化ではないのにもかかわらず水漏れをしている場合には、蛇口全体の交換が必要になります。蛇口全体の交換をする場合には、業者に依頼してやってもらうようにすることがおすすめです。水が漏れている状態を続けてしまうと水道料金が増えてしまうことになりますので、迅速に修理を行ってくれる業者に修理の依頼をするべきです。近隣にある一般の業者よりも24時間、365日間修理対応をしてくれる業者の方がスムーズに修理を進めていくことができるはずです。

■全体的な点検を

水道の蛇口から水漏れをしている場合には、水道のパイプ部分からも水漏れをしているかどうかのチェックが必要です。水道のパイプは家の中のいろいろな部分に存在しています。トラブルを抱えた状態になっていると、壁や床を腐食させてしまうことも考えられます。更には、多量の水が漏れている場合には家の土台を破損してしまうことも起こります。水漏れをそのままにしてしまうと大規模な家の修理が必要になる場合もあります。莫大な出費となってしまう可能性もでてきますので、点検は欠かさずに行わなくてはなりません。
トラブルを未然に防ぐのであれば、なにかトラブルが発生した場合のみ修理と点検を業者に依頼するのではなく、半年に1度の間隔で点検を行うことがおすすめです。業者の方で修理すべき点を見つけた場合には報告してくれますので、その内容を元に適切な修理を進めていくことができるはずです。

■まとめ
水道からの水漏れトラブルの際には、自力で修理をすることが出来る内容のものとそうでない場合が考えられます。自力で修理することができるのであれば、専用の工具を使って対応すればすぐに問題を解決することが出来るようになります。一方で、業者に修理を依頼する場合には、水が使えないという不便な状態を一刻も早く解決することを考えて、年中無休の水道業者に工事を委託するようにすると良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース